ポカポカ暖かいホットヨガの心地良さ|デトックス効果で痩せる

運動

トレーニングの一環

女性

加圧トレーニングを行なう際には、専門の器具が必要です。この器具は加圧ベルトと呼ばれています。加圧トレーニングは、加圧ベルトを使用し、腕や脚の血流を制限することで、高いトレーニング効果を得るトレーニング方法を指します。 血流を制限しすぎてしまうと、血流不足などにより失神する可能性もありますので注意が必要です。腕や脚に掛ける圧力は性別や年齢、体型などにより異なります。必ず、専門のトレーナーに設定してもらうようにしましょう。 加圧トレーニングを行なった後の体は、吸収が良い状態となっています。トレーニング後は、最低でも2時間は脂っこいものを食べるのは避けるようにしましょう。トレーニング後に有酸素運動を行うことで、より高い効果を得ることが出来ます。

筋肉は速筋と遅筋の2つのタイプに分けることが出来ます。速筋は、負荷を重くした場合のトレーニングで鍛えることが出来る筋肉、遅筋は、軽い負荷のトレーニングを長時間行うことにより鍛えることが出来る筋肉です。 この相反する筋肉を同時に鍛えるということは通常は出来ません。しかし、加圧トレーニングでは、高い負荷を掛けたトレーニングを同じ状況を人工的に作り出すことができるので、通常のトレーニングでは、なかなか活動を始めない速筋が早く活動を開始するため、速筋と遅筋を同時に鍛えることが可能となります。ただ加圧トレーニングをひたすら行なうのではなく、鍛えている筋肉をしっかり意識し、鍛えるだけでなく筋肉をしっかり休ませることも大切です。